GIRAFFE Heavy Factory

YouTube、Mastodon、pixivなどの活動をまとめる、もしくはそれらに書くほどでもないことをメモしていくための場所です。

この記事は末代アドベントカレンダー2020の3日目の記事です。
昨日はvaltam78氏でした。

あらまし                 

ハードオフにてこんなものを見つけました。



わたしはジャンク漁りが趣味なこともあり、ハードウェアとかガジェットとか大抵のものはちょっと触ってみればどのような物で何に使うのか程度ならだいたい理解できると自負してるんですが、これは何なのか、どう使うのか一切の詳細がわからない。
ひっくり返してみると単3電池の2本入る蓋がありますが、型番もなにも書かれておらず、検索することもできない。
手掛かりになりそうなのは上面にプリントされた文言のみ。
「おまかせください、価値あるネットワーク」
「Yes!VeteRUN」
「NTTの専用サービス」
しかしこれも検索に引っ掛かりません。
VeteRUNで検索しても驚くほど情報が出てこないのです。
日本全国の電話回線を一手に握る巨大企業であるNTT。
それほど有名な組織が、専用デバイスを作るほど力を入れて運営していたサービスなのに、インターネットに情報が一切ない。
このミステリアスな状況にわたしは強く心を惹かれました。

なお、この時点でわたしがデバイスを見て得られたのは以下の情報。
・NTTと書いてあることから、これはネットワーク関連の機器である
・VeteRUNサービスなる印刷があるので、この機器は当然VeteRUNサービスと連携して使用するものである
・アンテナとスピーカー穴、それにボリューム調整ダイヤルがあることから、これは電波を受け取って音を出す機器である
このことから、PC側に電波送信器を接続し、ネットワークとの接続になんらかの変化が起きると音を鳴らすアラーム装置の子機ではないかと思っていました。
アンテナの風貌が、昔レゴのカタログで見た8482 CyberMasterに似ていたこともあると思います(PCに送信機を接続してロボットブロックと通信できる初期のマインドストームです)。


正体判明                 

ここまでは外出先のハードオフでスマホ片手に考えたことでした。
家に帰ってからもどうしても気になったので、本腰入れて検索してみることに。
その結果、デバイス自体の正体は判明。



なんとラジオでした。
Mark Feldstein&Associatesが製造したモデル91022とのこと。
確かReset Pause Scan Startで検索したらヒットしたんだと思います。今検索してもヒットしないので再現性がないな。

デバイスの正体がわかったので一件落着、とはいきません。
ラジオという汎用品に印刷されているということは、これはVeteRUNサービスのノベルティグッズのようなものだったのでしょう。
つまりNTTは、わざわざ金をかけてグッズを作るほどに力を入れてVeteRUNサービスを宣伝していたと推測されます。
ではなぜそれほどのサービスの情報が、ほんの20年やそこらで完全に消滅してしまったのか?
個人ブログやニュースサイトの情報がないばかりか、提供者であったNTT自身も過去のサービス一覧などに何故その存在を載せず、風化して消えるがままにしているのか?
ますます興味が湧いてきます。


NTT技術ジャーナル            

「Yes!VeteRUN NTT」で検索して、唯一ヒットしたのがこれです。
NTT技術ジャーナル、1997年5月号の国立国会図書館アーカイブ。
VeteRUN活動からYes!VeteRUN活動へ / 伊佐治正隆 ; ほか / p12~14 (0007.jp2)
さてではこれを読んでみようとすると、
画像1
……orz

NTT技術ジャーナルというのはNTTグループから発行される総合技術誌であり、一般人であっても購読できるようです。
しかし公式アーカイブにある最古のものは2003年1月号で、それ以前のものは存在しません。
NTT技術ジャーナル|バックナンバー
さて困った。

もう少し掘り下げてみると、NTT技術ジャーナルに当該記事を寄稿した伊佐治正隆氏は、監査役まで登り詰めたあと、2018年6月にNTT西日本を退任しておられるようです。
NTT西日本 | 異動ニュース
監査役といえば社長の次に強いといわれるほどの権力者。
つまり30年前の1997年時点でも出世コースに乗っており、それなりの権力があったと考えられます。
そのような人が関わっていたプロジェクトであれば、ある程度自由に資金が動かせて、結果ノベルティグッズが作られたと考えるのは自然なような気がします。
しかし肝心のVeteRUNが何なのかはわからない。


困った時の神頼み             

ここまでの経緯をMastodonで垂れ流していたところ、ソロモン72柱の一柱であるおるみんさんが助け舟を出してくれました。



専用線、つまり顧客の事業所など同士に専用の通信線を引く通信サービスのことですね。
輻輳や盗聴に強いが、物理的に専門の回線回線を作るため非常に高額なことが特徴です。
最近ではVPNの説明によく出てくるやつです。



インターネット黎明期は大手プロバイダも様々なサービスを乱立させていた、それこそそのうちのいくつかが完全に忘れ去られてもおかしくないくらいに、と。
わたしはインターネット黎明期の事情などまったく知らなかったのでこれは大いに助けになりました。
ストーリーとしてもかなり頷ける話です。


国立国会図書館              

しかし正解を書いた資料があるなら、読みたくなるのがオタクというもの。
画像2
はい。遠隔複写サービスを申し込んでしまいました。
完全に勢いです。自動返信メールが来るのめっちゃ速かった。いいサーバ使ってますね……。
申し込み手順としては、アカウントを作って必要な資料の必要なページを指定して、サイズを指定して……と民間サービスとそう変わらない流れでした。
UIもユーザーフレンドリーで見やすく、手順フローの分かりやすい良いものでした。
なら料金の支払いももちろんクレカで……と思いきや、複写した資料に同封される支払用紙でコンビニ、ATM、銀行振込などをするようです。
そのへんはお役所らしい。


現物                   
画像3
せっかくなので買ってきてしまいました。
ジャンク扱いなので税込み330円。
ボロボロのままにしておくのも可哀想なので修理してやりましょう。
画像4
値札シールを剥いで残った接着剤と汚れをアルコールで拭きます。
印刷まで消えないか不安でしたが大丈夫でした。
画像5
ネジはゴム足の下に隠れているタイプです。
画像6
中身。思ったよりホコリが侵入していないので、軽く拭く程度に留めます。
うっかり配線切ったり抵抗もいだりしたら嫌だし……
画像7
LogicoolのG602と並べてみるとこんな感じ。
縦横の寸法は似たような感じですが、高さが1センチ近く高いのでマウスのように持つとだいぶ大きく感じます。

動かしてみるとこう。

Scanボタン長押しで電波スキャン、Resetボタンで周波数帯を最初から再スキャン……なのかな?
自動スキャン式のラジオを触ったことがないので間違っているかも。
とりあえず数局聞くことができました。


複写資料到着               

さて、お待ちかねのオチです。
申し込んでほぼ2週間、バカでかい封筒が届きました。
画像8
いやまあ、元の雑誌のサイズがA4なので、それを見開き一枚コピーするとA3になるのは当たり前なんですが、折らずにそのまま届けてくれるのは想定外でした。
なお見開き2ページをモノクロコピーして料金は送料込みで528円でした。
銀行振り込みでサクっと支払い。インターネットバンキング便利です。
さて、では内容を見ていきましょう。
とはいっても複写物の著作権は原本と同様著作権者にあるようで、あんまりこういうオープンなところでまるまる写真に撮ってバーン!はよろしくない気がするため、内容の抜粋に留めます。


見出し1:お客様の需要動向を踏まえた販売チャネルの変化
1994年から96年上半期にかけてディジタル(原文ママ)専用線サービスの契約回線数が急増しており、今後とも伸びていくであろうため、販売システムの強化が大事であるという内容です。
利用種別としてはデータ通信7割、インターネット2割くらいの比率であるというのがなんとも時代を感じさせます。


見出し2:VeteRUN活動からYes!VeteRUN活動へ
そら来た!
内容を簡潔にまとめると、

・専用線サービスに対するユーザの品質要求は高い
・追随してくる同業他社に対して、料金面での差別化は難しい
・そのため、92年度からNTTの専用サービス部門は「VeteRUN活動」と銘打った経営改革活動を行っている
・活動内容としては、料金・サービス戦略、品質向上、コスト削減などの経営的課題に取り組むもの
・95年にこれを改訂し、CS(顧客満足)向上に傾注したものとして新たに「Yes!VeteRUN活動」と改名

Yes!VeteRUNは顧客に提供される商品サービスそのものではなく、社内活動の名称だったんですね。
確かにNTT社内で行われたクローズな活動であれば、一般にその名称が流通しないのも、インターネットに情報が残っていないのも納得できます。
しかし社内活動でなぜラジオが?となったのですが、その答えが次の章にありました。


見出し3:具体的なYes!VeteRUN活動の内容
内容のまとめとして、
・Yes!VeteRUN活動は、納期および回答納期の短縮、工事プロセスサービスの実施、故障プロセスサービスの実施の3つを目的としたものである
・目標値を定めPDCAを回す、テレマーケティングによるCS調査、販売店の順位付けなどの体系的仕組み作りを行う

ほうほう。

これに加え、社員への活動意識浸透のため、「Yes!VeteRUN手帳」「専用サービスの行動指針」「CS標語カレンダー」などの作成、配布を行う

これだーーー!
ラジオを配ったとは直接書いていませんが、上記三種以外作ってないとも書いてないので、まずこれでしょう。
社員の意識啓発のために作られ、NTT内部でのみ流通したグッズだったんですね。
そりゃあ社内守秘義務や、97年というインターネットになんでもかんでも書く時代ではなかったことも相まって、表に出てこないはずです。
標語カレンダーとか行動指針ポスターとかはあれのノリですね、工場や倉庫内に5SとかKY活動とか貼ってあるやつ。
しかし、手帳やカレンダーは仕事で使ったり社内デスクに置いたりできるんでしょうが、ラジオって会社内でどう使うんだろう。
97年くらいだとラジオをBGMに鳴らしながら仕事するようなのが許容されてたんでしょうか。
というか現在でもそういう文化のある会社は一般的なのかな?デスクワークしたことがないので分からない。
それとも家に持ち帰ってラジオを聞くたびに仕事の行動指針を目にすることになるんでしょうか。精神病みそう。
そりゃあハードオフに売りたくもなるかな……


まとめ                  

ハードオフのジャンク棚で出会った謎デバイスから思わぬ長い調査が始まってしまいました。
これだからジャンク漁りはやめられない。
また自分語りになりますが、わたしはソ連のように、既に滅びたもの、現存しないものについて調べるのって好きなんですよね。
既にそれに関わっている人間がいないわけだから、ほどよく社会感が削ぎ落されてよい。
逆に現在存在するもの、現役で使われているものなんかは関わっている人間の思想や利害が見えてきて気分が悪いというか。
そういったゴタゴタがすべて終わったあとに残骸を棒でつついて経緯を推測するのが好きです。
「メーデー」とかの事故経緯調査パートに近いものがあるかもしれない。

また今回初めて国立国会図書館の資料取り寄せ(遠隔複写)を利用したんですが、思った以上にユーザーフレンドリーな感じでよかったです。
市役所での書類提出とかマイナンバー登録とか必要なもんだと思ってた。

資料取り寄せ528円、オブジェクト購入330円と合計1000円以下でめちゃくちゃ楽しめました。
またこんな謎デバイスに出会えることを願いつつ、明日はアドカレの作成者でもある8号さんです。えらいっ!


おまけ                  

今回ご協力いただいたおるみんさんですが、その御名を冠したサークル「おるみん党」から発行された同人誌がなんと国立国会図書館に収蔵されています。
みんなも国立国会図書館へ行ったり取り寄せたりして読もう!(A4白黒1枚25円とかなので全ページ複写するとすごい料金になりそうですが……

言い訳                  

10万給付金が入った!国家公認My new gear……のお時間じゃーい!
というテンションで振り込まれた当日にAliExpressでDHL発送付けて購入しました。
コメント 2020-06-14 090718
5/29に注文、全く更新されない発送情報にヤキモキしてたら6/6の昼間にいきなり扉を叩く音が。
IMG_20200606_1437433
おや……?
IMG_20200606_1438453
というわけで7日で到着しました。
なお記事執筆現在 (6/20) でもDHLのトラッキング情報によるとこの荷物はまだ香港にあるようです。コメント 2020-06-14 090650
何が届いたんだ……?


アンボックス               
IMG_20200606_1439499
IMG_20200606_1440390
箱は正方形で、蓋を持ち上げてフラップを開いてご対面なオーソドックスなスタイルです。
IMG_20200614_093139
内容物はvivo NEX3本体、ケース、IMEIステッカー、クイックスタート冊子、説明書、SIMピン、USB2.0 AtoCケーブル、イヤホン、大小二種の交換イヤーピース、充電器でした。

特にグローバル版という訳ではなさそうなので書類はほぼ全て中国語です。
SIMピンが独自形状なのは好感度が高い。
イヤホンはあまり詳しくないんですが、1000円くらいの音質だなぁと。あんまりいい音ではない。
でも付属品が多いとちょっと嬉しくなっちゃうよね。
IMG_20200614_093619
中国プラグの充電器には11V*4A=44Wで出力できると表記してあります。
これがvivoの独自規格というSuper FlashChargeなるものなのでしょう。
14dd19ca71e50eb1
実際かなりの高速で充電されることが確認できました。
ステータスバーの充電アイコンも独自の⚡マークのものに変わります。
IMG_20200614_094012
特筆すべきは付属ケースで、おまけ程度にTPU製を付けてる他社とは一線を画す作りです。
NEXの透かしの入った背面はスエードのような質感で、周囲は硬質ラバー、カメラ周りには恐らく蒸着プラスチックだと思いますが、光沢のある固い素材で縁取りがされています。
IMG_20200614_094045
これがほんとにかっこいい。
IMG_20200620_111639
もちろん左右はバッサリと切り欠かれており、ディスプレイを邪魔することもありません。

本当に気合の入った作りで、単体で買ったら3千円くらい取られそう。
わたしはなんか勿体なくて端末の付属品使いたくない派なんですが、このケースだけは多少の罪悪感とともに使い続けちゃってます。
これ単品で売ってくれないかなぁ……


レビュー:端末本体            

さて端末本体のレビューです。
ディスプレイが6.89インチということもあり、端末自体はそれなりに巨大です。
Oneplus6 (6.28インチ、左) との比較ではこんな感じ。
IMG_20200606_1520237

端末背面に格子が写ってるのは撮影環境の問題ですね……。
左右幅はほぼ変わりませんが上下に1センチほど大きいです。
Oneplus6がiPhone XS Maxとほぼ同サイズらしいのでサイズ感を想像いただけると幸いです。
このせいで手持ちのスマホポーチのいくつかには収まりませんでした。
重量は220gで、端末が大きいぶん重心も手のひらから遠ざかるためかなり重く感じます。
一昔前ならスマホではなくファブレットと呼ばれてたかな?
IMG_20200606_144333
背面ガラスの下に反射シールを貼って複雑な色味にするのが流行ってるこの頃。
NEX3の "Deep air streamer" なるこのカラーは基本黒、光を反射させると紫がかって見えるようになっています。
背面にはカメラとフラッシュ、そしてNEXの文字だけ。シンプルでいいですね。
IMG_20200614_110443
せっかくなのでRakuten Miniとも並べておきます。並べただけ。


レビュー:ディスプレイ          

vivo NEX 3の特徴は、なんといっても公称値99.6%という高い画面占有率でしょう。
IMG_20200612_190522
はい。
正直映えます。ムチャクチャ映えます。ベゼルレスとはこのことだ。
IMG_20200612_2013331
側面90度まで回り込んだ "Waterfall" ディスプレイが本当に美しい。





端末左右のベゼルの太さが完全にゼロになっており、横へスクロールしたテキストや画像が画面端へ「流れ落ちていく」様子はMi MIX Alphaのデモを思い出します。
Oneplus6の左右ベゼルの太さに飽きてきて買ったので、満足も満足、大満足です。
ソフトウェア的にもきちんと考えられており、通常時は左右端のタッチ判定がオフになるようです。
端末を掴んだからといって画面左右が無限にタップされるようなことはありません。
IMG_20200614_104833
Google Keepの手書きメモ機能ではきちんと画面左右端まで線が引けたので、センシング機能もきちんとディスプレイ全面にわたって搭載されているようです。
上下ベゼルもしっかり狭くていいですね。実測では上側4mm、下側5mm程度でした。
なおディスプレイのスペック自体は有機ELで2256*1080ピクセルのFHD+、リフレッシュレート60Hzと標準的です。
発色も輝度もよく、画面輝度をだいぶ落として使っていますが暗いと感じることはほとんどありません。
逆に最高輝度にすれば夕日が直撃する中でもはっきり表示が見えるほどで、非常に良いディスプレイだと感じました。

ただディスプレイには視野角というものがあり、画面を極端に横から覗き込むと発色がだんだん落ち、黒ずんで見えていきます。
画面両端が90度曲がっているということは、正面からディスプレイを見ても左右端には「覗き込む」ように見る部分が発生するということです。
IMG_20200620_042717
はい。左右端が黒ずみます。仮想ベゼルといったところか。
ただ黒ずむということは、最初から画面が黒ければ問題にならないということでもあり、ダークモードで運用しているとほとんど気になりません。
バッテリ持ちもよくなるし、いいですよダークモード。有機ELは白に近い色を出力するほど電力を消費するので。


レビュー:仮想ボタン           

地味に珍しいポイントとして、完全キーレスな点が挙げられます。
音量キーはもちろん電源キーすら物理的なボタンがありません。
IMG_20200614_111809
画像中央のギザギザが感圧式の電源キーになっており、押し込むとカチッとしたバイブレータの振動でフィードバックが返ってきます。
ちょうどiPhone7以降のホームボタンのような感じです。
まあ、画面ダブルタップで代用できるので、あまり使わないんだけどね電源ボタン。
ギザギザの左右にある+-の印字が音量の上下キーで、同様に押し込むとフィードバックがあります。
ただこちらは電源キーのように凹凸がなく完全に表面がツルツルなので、裸の状態だとどこを押していいかイマイチ分かりにくい印象。
画像のように公式ケースを付けていれば、切り欠きの範囲内を押せばどこでも反応するようです。
IMG_20200614_112226
完全に余談ですが、物理キーレスなNEX3と物理キーボード付きのBlackBerry KEY2を一緒に持ち運ぶとなにか楽しいものがありますね。


レビュー:カメラ             

メインカメラは64MP広角、13MP望遠、13MP超広角の3連装です。
望遠は2倍、超広角は0.6倍の倍率かと思われます。
fasdiopfasio
fdsklfjasf
立ち位置を変えず倍率だけ切り替えて撮影。それぞれこんな感じに映ります。
いくつか撮影例を載せてみます。
写真をクリックすると大きなサイズで見れます。
IMG_20200616_181405
IMG_20200616_181458
IMG_20200619_220750
IMG_20200616_185820
超広角カメラのパノラマ感がいいですね。
ナイトモードもよく映ります。端末を固定して2秒待つタイプです。
IMG_20200616_193107
IMG_20200616_201647
望遠に関してですが、2倍以上はデジタルズームになってしまうためそこまで期待できるものではありません。
IMG_20200616_182327
これは2倍カメラをさらに拡大して7倍ちょいで写したP-3C。うん。
遠くのものを写すというよりは、「端末を動かすことなくちょっと寄って撮りたい」ような状況で役立つかと思います。
IMG_20200620_080918
接写もいい感じ。

目玉機能であるポップアップカメラですが、生憎インターネットに合わせる顔がないため作例を載せられません。すみません。
フィーリングを語ると、自撮りアプリを使ったような美白加工された絵がデフォルトカメラから一発で出てくるのは「強い」という感じでした。
Screenshot_2020_0620_091448
端末標準アプリにこれだけ(というかこの3倍くらい)の顔を弄る項目があるの初めて見た。
さすが自撮り大国中国といった感じです。


レビュー:スピーカー           

音質、最大音量ともになかなか良い音が出ます。
ただ端末下部右側の一箇所だけで、ステレオじゃないのは本当に残念なところ。
外部スピーカーとして作られてない通話用イヤピースでも音を出せばそれなりにステレオ感が出て満足度が上がるというのはOneplus6で経験してるので、NEX3もやってくれないかなぁ……
IMG_20200606_1537149
そしてヘッドホンジャックが付いてるのは本当にえらいっ!


レビュー:スペック            

Snapdragon 855+に8/128GBメモリという、ひと世代型落ちではありますがトップエンド構成です。
Screenshot_20200606_212520
とりあえずAntutuベンチでは43万点出ました。
スマホのスペックというのはなにも高画質ゲームをするときだけの話ではなく、スクロール中のカクつき、アプリ起動時の待ち時間、カメラの処理速度等々、日常使いにおいてのこまごまとしたポイントに影響してきます。
「ほんのちょっとの引っ掛かり」が悉く高速化されて消滅するというのは本当に快適なものです。
ベンチ43万点は流石にエンスージアストに片足突っ込んでる気もしますが……


レビュー:バッテリ            

バッテリは4500mAhのものを内蔵しています。
画面輝度を落としつつダークテーマで使っている影響が大きそうですが、激烈に持ちます。
2週間使っていますが一度もバッテリ切れを起こしたことがないのは特筆に値するでしょう。Screenshot_20200619_042358
これは午後から使い倒したりYouTubeをダラダラ見たりゲームを開いたまま寝落ちしたりした時のバッテリ使用グラフですが、それでもまだまだ20%残っています。
大容量バッテリ、とてもいい。


レビュー:指紋認証            

vivo NEX 3は画面内指紋センサを搭載しています。
精度・反応速度ともに文句のないレベルに仕上がっており、指を置いてすぐにアンロックされます。
置いた状態からスマホを持ち上げると、それを検知して指紋認証アイコンを画面に出してくるため、そこに指を置けば認証されます。





「非常に高速」と呼んで問題ないレベルかと思います。

指紋センサがある位置のスクリーンが特に変色していたりというようなこともありません。
Screenshot_20200620_064639
指紋認証アイコンとアニメーションをそこそこ選べるのもうれしいところ。
また指紋認証に3回失敗すると、カメラをポップアップさせて顔認証をするように設定することもできます。





これも高速。カメラが上がってくる待ち時間はともかく認証速度自体はOneplus6といい勝負なんじゃないか……?


レビュー:ソフトウェア          

ここまで褒めてきましたがここからはそうじゃないところも。

まずNEX3はAndroid機ですが、搭載されているのはFuntouchOSというかなり重度にカスタムされたAndroidです。Android10に対応してるのは褒めましょう。なんかページトップにガッツリ9って書いてあるけどNEX3向けは10なんですよ。
あとGooglePlayと開発者サービスが最初から入っててPlayストアからアプリ入れられるのはたすかる。
その割にはGoogle系アプリが入ってないんですが大丈夫なんですかねこれ
ステータスバーをスワイプダウンして出てくる通知領域には見慣れた設定が一切なく、ナビゲーションジェスチャは「戻る」「ホーム画面に戻る」……そして「ショートカットセンター」、なんだお前!?
Screenshot_20200620_0441032
はい、画面下端左側を上にスワイプすると、端末のクイック設定を開くことができます。
なんか某林檎OSめいたUIデザインですが、慣れるとそこそこ便利です。
確かに考えてみると、縦に長い端末なので、AOSP標準そのまま通知バーにクイック設定出されたら上の方にある項目には指が届きません。これは素直に受け取っておくことにします。

しかしこのFuntouchOS、設定項目が非常にとっ散らかっていて分かりづらいです。
Screenshot_20200620_045528

設定開いた時点でシステムアップデートの項目が目に入るのはギャグでしかないでしょ。そんな階層のトップに表示する必要ないでしょそれ。UIデザイナー雇って一旦全部作り直せ。

ただソフトウェア開発のやる気はそこそこあるようで、発売時に9だったAndroidのバージョンは10に更新され、つい先日もアップデートが降ってきました。
Androidセキュリティパッチではなくバグフィックスだったようですが……(更新履歴が全部中国語なので読めない)

ついでに書いておくと、大抵の方はvivoがビルトインした謎のブラウザではなくChromeなりFirefoxなり好きなやつを使いたがると思うんですが、デフォルトアプリを変更する項目が恐ろしく深いところにあります。
具体的には、設定→一番下までスクロール→アプリケーションと権限→権限管理→右側タブの「権限」→一番下までスクロール→デフォルトのアプリ設定、まで潜ってやっと変更できます。
どんだけデフォルトアプリ変えさせたくないの。
わたしはセンスがないらしく2回目のスクロールに気付くまでに1週間かかりました。

端末設定ですが、要所要所でvivoの自社囲い込みを感じます。
vivo独自のアプリストアが入ってたり、端末テーマをそこで販売してたりするのはまあいいでしょう。
動画サイトだったりクラウドだったりJoviなる独自アシスタントだったりと和製スマホばりに20近いプリインアプリが山盛りなうえに、半数はアンインストールできないのはギリギリ我慢しましょう。どうせNovaランチャー被せればアプリ一覧からも非表示にできるし。
Screenshot_20200614_122727
ホームランチャーを置換しようとするとvivoアカウントでのログインを求められる、これは何事だ。
これ端末内部のセキュリティ設定でパスワード要求とかじゃないんですよ。vivo公式サイトに飛んでアカウント作ってこないといけないんですよ。
fkldasjfdkl;asfjlas;fj
というか端末設定を開くと一番上にデカデカとvivoアカウントの設定が鎮座してるところからして既に不穏なんですよね。vvivoloudなるこの世に存在しない項目まであるし(おそらくvivocloudのタイポ)。
んでこのvivoアカウント、ニックネームを設定したりアイコンをアップロードしようとしたりすると「サーバのエラー」と出て弾かれます。囲い込むならちゃんとやれ。

ついでに言うなら最初にスマホからvivoアカウントを作ろうとすると電話番号での登録を要求されるんですが、国際発信番号に日本 (+81) の項目がありません。はい詰んだー。
ブラウザからvivo公式サイトに入るなりなんなりするとメールアドレスでアカウント作る項目が出てくるのでわたしはそれを利用しました。ITリテラシーで利用者をふるい落としていくのは賢い戦略かもしれない (?) 。

あとはアプリの権限が勝手に停止されてしまうことがちょいちょいあり、具体的にはNova Launcherのジェスチャが動作しなくなります。
これはその場で「権限をオンにしてください」というウィンドウが表示され、権限をオンにする設定項目までジャンプできるのでまだ有情なほう。

開発者モードをオンにしていると↓のように通知が常駐し、うっかりタップすると開発者モードがオフにされてしまうのは流石に閉口しました。
Screenshot_20200606_180731
しかもこれをタップするとアニメーションスケール速度とかの設定がデフォルトに戻されるんですよ。
個人的には動作がもっさりして見えないよう0.5xに落とすのが好きなんですが。
これに関しては常駐する通知を非表示にするアプリで消滅させて対処しました。力技。
Screenshot_20200607_161435
言語設定でうっかり中国語などの項目をタップするとなんの警告もなしに言語が変更されたうえ設定のトップに戻されて詰むおまけつき。


レビュー:不満点             

わりと書いた気もしますが書き足りてない点をまとめておきます。

・モバイルデータ通信がたまに切れる
Wi-Fiに繋がずSIMカード単体で使ってると、長時間のスリープから復帰させたタイミングでたまにデータ接続ができなくなることがあります。
アンテナピクトは4本立ったままなので、節電モードに入りデータ接続がオフになったとかではなく、何かしらが内部でつまづいているのでしょう。
モバイルネットワークの設定から「データローミング」「SIMカードを有効化」をオンオフしてやると治ります。

・全アプリでデフォルトの通知設定がオフ
どうも通知が出ないなと思ったら、プリイン以外の全てのアプリで通知設定が最初からオフにされていました。
アプリ初回起動時に権限を要求された覚えもないので、どうもアプリマネージャから手動でひとつひとつオンにしてやらないといけないようです。

・フォント
日本語フォントは入っていますがところどころ怪しいというか繁体字になっています。
細部が異なるという程度で読めなくはないんですがちょっと気になる。
あとたまにカタカナが非常に流麗なフォントで表示されます。撮り忘れたし再現できなかったのは本当にすまないと思っている。
Screenshot_20200620_050249
間違い探しです。

・USBポート
Type-CですがUSB2.0です。
そのため高速データ転送には対応していません。そこケチらないでほしかったなぁ……


TWRP、カスタムROMに関して        

わたしが完全にズブの素人であり、まったく見当違いをやっている可能性もあることを断ったうえで言っておくと、開発者オプションにはBLUを許可する項目があります。
Screenshot_20200614_130111
ただunlockコマンドは通りませんでした。
1092c12362259205
XDA Developersでも無理じゃねみたいな問答があったのでわたしはこれに関しては諦めています。
別にMagisk焼けなくてもYoutube Vancedは使えるし……
我こそはという人はチャレンジしてTWRP焼いてついでにOneplus6みたいにステレオMod作ってくれるとわたしが泣いて喜びます。


総評                   

万人に勧められる端末ではないですが、個人的には非常に満足しています。
箱出しですぐ使い始められるたぐいのスマホではありません。先述の通りソフトウェアが中国向けかつ色々とアレなので……。
ただ完全ベゼルレスと言っても過言ではないディスプレイはほとんど世界随一ではないでしょうか。
対抗馬として思いつくのはMoto Edge/Edge+かMate Xsくらいです。というかEdgeはパンチホールだしXsがベゼルレスになるのは畳んだ際の片側だけだしそもそもXsは売ってないし。

なので左右完全ベゼルレスなディスプレイか、端末の外観にオンリーワンな魅力を感じた人にはオススメです。
なんとしてでも使いこなしてやるぞ!という気概をもって買いましょう。幸いGooglePlayも最初から入っていますし、ソフトウェア開発が必要なほどの難易度ではありません。
そうでない人はOneplus7Tとか買いましょう。ソフトウェア的に絶対あっちのが使いやすい。






Q.これで主に何やるんですか?
A.ドルフロ
Q.PUBGとかMOBA系とか端末スペック要求するゲームやるんじゃないの?
A.はい……
IMG_20200620_110244




さっきTOWが☆3になりました。

言い訳                  
IMG_20200614_080909

1円なんだから買うしかないでしょう。
実際には事務手数料3300円(既存キャリアの踏襲を破壊とか言ってるくせにこれは金額までしっかり受け継いでるのはいかがなものか!)が掛かったり、800円の保護ガラス買ったり、楽天ポイント6600円分が還元されるのはわたしの場合恐らく7月以降でしばらくおあずけだったりするんですが、まあそれら含めても5千円切ってるので文句はないです。

購入時に通常SIMオプション選択してれば1年間無料使い放題(エリア内限定)SIMが1枚生えたのか……やっちまったなぁ……(


レビュー                 

機能的なところとか詳細についてはどこのブログでも紹介され尽くしてるというか、なんなら読者の皆さん実機持ってそうなので割愛します。
なので個人的なお気に入りポイントだけ。

☑顔認証ができる                                  

画面もキーボードもちっちゃいため、いちいちパスコード打つのは難儀です。
そのため電源ボタン押して見つめるだけでアンロックできるのはめちゃ便利。
認証に2秒くらい掛かりますが、まあパスコード打つより速いのでいいでしょう。
待ってるだけだし。

☑いいサイズ                                    
IMG_20200614_082952
片手にすっぽり収まります。
これは唯一の強力なセールスポイントと言えるでしょう。
なにせ競合するモデルがPalm PhoneかUnihertz Atomか中華製の謎小型スマホしかない。

……いや、中国のほう見ると結構あるんですけどね、このサイズ。
コメント 2020-06-14 083307
安いし。

個人的にはスマホというより画面付き音楽プレイヤーを思い出すサイズ感です。
完全に自分語りになりますが、中学生の頃TranscendのMP860というモデルを使っており、2.4インチのディスプレイで動画を見るなどしていたのを思い出します。ノスタルジー。


運用                   
IMG_20200614_081043
携帯音楽プレイヤーにします。
Powerampのウィジェットが本当にいい感じに収まる。
うん、最初から回線として使う気はないんだ。すまない楽天モバイル。


まとめ                  

こんなかわいいオモチャを1円で配ってくれるんだから楽天モバイルには頭が上がりません。
テザリングもフリーダイヤルへの発信もできるので、無線ルーター親機や電話機として使うのもぜんぜんアリですね。
わたしはロケットモバイルの神データプラン+IP電話しか契約してないので、常時通信制限、フリーダイヤルへ発信しようと思ったら公衆電話を探すしかないんですよね。
まあ1年後に無料期間が終わったら契約解除するため、これがある前提でモバイル環境を組んでしまうとその後どうすんのって話になってしまうのでやらないと思いますが。
うまいこと総務省と戦ってほしい。


IMG_20200614_081243
あ、Band1非対応のいわゆる後期型でした。

↑このページのトップヘ